敏感肌はどの様にして起こるのか?と自宅でのケアの方法

敏感肌はどの様にして起こるのか?自宅でのケアの方法とは!?

 

洗顔後に肌がヒリヒリして痛くなったり、化粧水をつけると赤くなってしまったり、こういった敏感肌に、女性の約70%が悩んでいると言われています。主な原因は、乾燥のせいで肌のバリア機能が低下してしまうことにあります。では、なぜ肌の保湿成分は減少してしまうのでしょう。それにはいくつかの原因があります。

 

 

洗顔料を泡立てずごしごし顔を洗う。クレンジング、洗顔合わせて2分以上の時間をかけてしまう。パック、マッサージを毎日している。オイル、シートタイプのクレンジングを使っている。などの、間違ったスキンケア習慣により、肌の内側の保湿成分が減少してしまう。

 

バランスの悪い食生活、睡眠不足、昼夜逆転の生活、強いストレスなどで、肌に負担を与えてしまっていることで、肌に栄養が行きわたらないため。

 

ホルモンバランスの変化によるもの。特に女性の方は、貧血があるとお肌の状態に影響してしまいます。

 

生まれつきの体質やアレルギー。花粉症などで鼻がぐずぐずしているだけのように見えても、実は体全体がアレルギーを起こしやすい状態になっているということがあります。

 

こういったいくつもの要素から、敏感肌は起こってしまいます。

 

そんな敏感肌を改善するためには、正しいスキンケアを行う必要があります。クレンジングも洗顔も、あまり時間をかけすぎず、それぞれ肌についてから40秒以内にすすぐのが良いです。

 

そして、敏感肌、乾燥肌の改善に欠かせないのがセラミド。

 

セラミドは、肌を潤す主成分ですので、化粧水、保湿ケアどちらも、ぜひセラミド配合のものを使うことをお勧めします。
化粧水はあまり強くパッティングしないこと。手で温めると浸透力が良くなりますので、手で温めたものを数回に分けて肌に優しくつけます。

 

乾燥がひどいときは、保湿クリームを何度か重ねてつけるのも良いです。

 

>「潤静(うるしず)」は、オールインワンでお手入れできる優れものですので、化粧水、乳液と重ねづけする必要がなく、「潤静(うるしず)」が1本あれば簡単にお手入れできます。また、顔だけでなく、「潤静(うるしず)」は全身美容液ですので、体全体のガサガサ、ゴワゴワした肌が気になるところにお使いいただくことが出来ます。塗った後もベタつきは気になりませんので、上からお洋服を着ていただいても大丈夫です。この「潤静(うるしず)」1本でお風呂上りに全身をまとめてケアできますので、非常にお手軽に肌の潤いを手に入れることが出来るのです。

 

 

>>>潤静(うるしず)赤ちゃんから大人まで使用できる敏感肌用美容液<<<

 

⇒トップページへ戻る