「潤静」はアトピー肌でも大丈夫なの!?

「潤静」はアトピー肌でも大丈夫なの!?

 

アトピー性皮膚炎は、強いかゆみや発疹などの症状が表れるのが特徴の皮膚の病気です。アトピー性皮膚炎だとお肌がかゆくて、つい掻きすぎて傷つけてしまったり、血が出てしまうなんてこともありますよね。そもそもアトピー性皮膚炎とは、外部の刺激から皮膚を守るための「バリア機能」が低下した乾燥状態の皮膚に、なんらかの環境的要因が加わり起こるといわれています。また、原因や症状は人それぞれ異なりますが、それぞれにあった対策をしていくことで、改善していくことがほとんどです。
環境的要因には、ストレスや睡眠不足などの精神的な状態やダニやほこりなどのアレルゲンによるもの、汗や乾燥によるものなどがあります。この、環境的要因を見直していくことによって、アトピー性皮膚炎を軽くしていくことができるのです。なかでも、保湿成分を補い、乾燥肌を防いでいくことは比較的行いやすいかもしれません。お風呂上がりやお出掛けの前に保湿ローションを塗って、お肌を保湿してあげることでかゆみも和らぎます。
そこでおすすめなのが、敏感肌やお肌の弱い赤ちゃんにも使える保湿ローション、潤静です。
潤静は、バリア機能が低下しているお肌に合わせて、刺激の強い成分を排除して作られています。98%が植物由来エキスというだけでなく、防腐剤やパラベン、シリコンに合成香料、紫外線吸収剤、さらに石油系界面活性剤や鉱物油、旧表示成分、合成着色料にオイルを取り除いた、10の無添加にこだわっています。また、バリア機能を高め、サポートしてくれる超高分子PGAや三種類のセラミド、お肌を清潔に保つためのキハダ樹皮エキス、水分と油分を補いお肌の乾燥を防ぐ発酵プラセンタが配合されています。

 

お肌に良くないものは取り除き、良いものだけを配合するようこだわりぬいた潤静は、子育て中のママ達からも人気が高いのです。実際に使用してみたという方のお声には、「ベタベタしないので子供が塗るのを嫌がらずガサガサの肌がよくなった」「膝の裏がカサカサ乾燥していて、白っぽくひっかき傷もあったのですが、漆静を使ってからはだいぶよくなり、成分が安心して使えるのもありがたいです」などが上がっています。症状は人それぞれなので、個人差があるのは当然ですが、多くの人が潤静を使用して実感できているようです。

 

お肌に塗ることで効果を得られるだけでなく、安心できる成分しか配合されていないのも嬉しいポイントですよね。