大人の敏感肌にこそ使用して頂きたい「潤静(うるしず)」

大人の敏感肌にこそ使用して頂きたい「潤静(うるしず)」

 

 

大人の悩める敏感肌にも安心して使っていただけるように、肌に悪いものは徹底的に排除した低刺激の保湿ローション潤静(うるしず)は、保湿力も桁違い!大人の女性たちのもうひとつの大きな悩みである、乾燥にも立ち向かえる高品質な美容液です。

 

1潤静(うるしず)の口コミ

 

潤静(うるしず)がいくら高品質の保湿剤であるとは言っても、これまでにいろいろな化粧品を使ってきたであろう大人の女性たちを本当に満足させられるのか、実際の効果が気になるところですよね。そこでまず、潤静(うるしず)を試してみたお客様の声をご紹介しましょう!

 

ひどい手荒れに悩まされていたので、ハンドクリームとして手に使用したところ、すっかり綺麗な手に戻ることができました。
うれしいのが、朝に使用したら保湿効果が1日中続くことです。
今では、潤静を顔にも使用していて、ほかにいろんな保湿剤が必要ないほどのうるおい力に大満足しています。
32歳・女性

 

健康な肌には自信があった私ですが、紫外線と汗のダブルパンチで敏感肌にチェンジしてしまったようでした。乾燥もひどくて、カサカサと白くなったお肌をなんとかしたいと潤静を購入しました。とにかく、乾燥を感じたらこまめに潤静を塗っていたら、うるおいのある美しい肌質を保てるようになりましたよ!
43歳・女性

 

私の肌は目の周りの皮膚がとても弱くて敏感なタイプ。友達にすすめてもらった化粧品はどれも肌に合わず、かゆみやベタつきでやっぱり目の周辺荒れてしまい、とっても目立つのが苦痛でした。
潤静も最初は半信半疑でしたが、使ってみるとすごく肌に優しくて、肌荒れの症状も出ないのでびっくりしました。私の超敏感肌でも、メイクができるようになってきてうれしい限りです。
38歳・女性

 

口コミからは、肌荒れなどに悩み、いろいろな化粧品を試していたような方に満足していただけていることがわかりますね。

 

 

2肌トラブルが起こったときにしがちなその場しのぎの対処法!?

 

大人の悩める肌トラブルにはどんなものがあるのでしょうか?
・ストレスや睡眠リズムの乱れ、疲れなどによる肌荒れ

 

・食べ物や化粧品へのアレルギー反応によるかゆみや痛み

 

・乾燥による肌のゴワつき

 

これらの症状は、肌の弱い乳児や幼児に出やすく、成長するにつれて改善していくことが多いというのがこれまでの定説でしたが、現代の生活環境や食生活の変化によって、大人になっても改善されない人が増えているようです。
人目が気になり外出がおっくうになったり、好きなファッションができなかったりというように、肌荒れが原因で快適な生活を送れなくなってしまうのは悲しいですよね。
そのため、肌のトラブルに悩む人はその場しのぎの対処で一時的にでも症状をなくしたいと思ってしまう場合があります。

 

例えば、とりあえず保湿をしようとして、お肌の奥まで浸透しないような保湿剤を使用して保湿ができていると勘違いしてしまうこと。
荒れた肌を健康にするには、紫外線その他の外的刺激に負けないような、バリア機能の高い肌をつくることです。ですから、保湿ローションなどを選ぶときには、肌の外側だけでなく内部にまで浸透して内部から潤うようなものが必要になります。

 

もうひとつは、ステロイド剤に頼ってしまうこと。
ステロイドは肌の免疫作用をコントロールすることで炎症を抑えるお薬です。即効性があるのですぐに肌荒れを治したいときにはつい頼ってしまうものですが、過剰に使うと副作用の心配があります。また、肌の炎症を鎮めてくれても肌の状態を変えてくれるわけではないため、肌荒れは繰り返し起こり続けることになり、またステロイドを使う…というように依存してしまう可能性もあるのです。

 

 

3潤静(うるしず)の浸透力と保水力
潤静(うるしず)なら、その場しのぎの肌荒れ対策ではなく肌を根本から健康にすることができます。その秘密は、潤静(うるしず)に配合されている超高分子PGA(ポリグルタミン酸)にあります。
ポリグルタミン酸は人間の身体のなかで分解されやすく、親水性と保水性にも優れているので保湿効果がとても高い成分です。
そのポリグルタミン酸をさらに高分子化したことで、肌につけた時に細かい鎖のように分子がつながり、肌の上にうすくてしなやかな膜を張ったような状態にすることができます。
肌に膜を張ることで、水分を逃さずに長い時間保湿効果が続くため、潤静(うるしず)は少ない塗布回数でも潤いを保ち続けられるんですね!

 

4潤静(うるしず)の成分

 

高品質保湿美容液、潤静(うるしず)の効果は、独自の配合成分とこだわりの成分選びにあります。
なかでも注目したいのが、化粧品に配合したのは潤静(うるしず)が初めてという超高分子PGA・肌の潤いを保つために必要不可欠なセラミド3種類・敏感肌につきもののかゆみや赤みを抑える働きを持つキハダ樹皮エキス・美容成分プラセンタを酵母菌によって発酵させて成長因子やアミノ酸を増やした発酵プラセンタの4つ。
それらにブラスして、柚子や大豆・グレープフルーツなどの植物を原料とした天然美肌成分を11種類も配合して健康な肌を保つ助けとなっています。

 

また、大人の敏感肌の方に安心して使っていただくために、肌に悪影響を及ぼすとされる成分は絶対に配合しないことを徹底していて、防腐剤や石油系界面活性剤などを無添加の化粧品作りにこだわりました。

 

 

5潤静(うるしず)の使用方法について

 

潤静(うるしず)を使っていただく時間は、お風呂あがりがベスト!顔にも身体にも全身に使えるうえ、化粧水→乳液→クリームというような手順も必要なく潤静(うるしず)だけでお手入れは完結します。顔には500円玉ぐらいの量で十分のびて、肌の内部の角質層にまで浸透させることができるため1本で2か月は使用可能です。全身に使っても1か月と非常にコスパもいいんです!

 

添加物を使っておらずオイルも無添加でさらりとしたつけ心地のため、保湿効果に物足りなさを感じる場合もありますが、使っているうちにしっかりと保湿効果を実感できるはずです。

 

成分にこだわり、敏感肌の方も心地よく使える商品に仕上がっていますが、さらなる安心のため、潤静(うるしず)はパッチテストをおすすめしています。絆創膏に潤静(うるしず)を少量塗布して二の腕の内側などに12時間貼っておくだけなのでとても簡単です。30分後に一度確認し、赤みやはれ、かゆみなどがみられなければ、あとは12時間そのままで大丈夫なのでぜひやってみてくださいね!

 

 

6安心して使える国内生産

 

こだわりの厳選成分を高配合して改善しにくい大人の敏感肌にも対応できる潤静(うるしず)は、成分だけでなく、製造場所や製造過程にも気を使っているんです。
品質は皆さんが安心できる日本製にこだわり、製造場所は厳しい衛生管理に基づいて高品質の成分を製造できる工場に限られています。
肌に直接つけるもの、毎日使うもの、大人も子どもも安心して使えるものを使いたいという、お客様の気持ちを考えた製品づくりをいつも心がけています。

 

 

潤静(うるしず)のこだわりポイントをたくさんお伝えしてきましたがいかがでしたか?
常に使う人のことを考えて作られている化粧品って実は少ないものです。
敏感な大人のお肌を優しくケアしてくれて、潤いのあるお肌へと肌質から改善してくれる潤静(うるしず)、ぜひ使ってみてくださいね。

 

>>>「潤静(うるしず)公式サイト」赤ちゃんから大人まで使用できる敏感肌用美容液<<<

 

⇒トップページへ戻る